痩せるブログ

ヨガ・ピラティス・健康体操から、ダイエット食品まで、健康に痩せる為の、情報をわかりやすく紹介します!

100人いれば100人の痩せ方があります!!

【 個人効果別ダイエットランキングはこちら 】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] |スポンサー広告

炭水化物ダイエットとは?

痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、または普通に食べてもスリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。痩せる体質には大きく分けると2種類あり、食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。

前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)が少ないという理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。後者は同じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいというダイエット効果があらわれやすい体質なのです。




「低炭水化物ダイエット」とは,ダイエットに効果がある炭水化物を,「GI値」によって見分けて摂取するダイエット法です。


【低炭水化物ダイエットの考え方とは】


炭水化物には,太るものと太らないもの(ダイエットに効果があるもの)とがあります。


①太らないもの…適量の炭水化物をとった場合
炭水化物をとると,胃腸で消化する過程でブドウ糖が生成され,これが血中に入って血糖値が上がります。
これに対して,すい臓から分泌されるインスリンが血糖値を下げる働きをします。
ブドウ糖の一部はグリコーゲンとなり,肝臓,筋肉に貯蔵され,体の活動を支えるエネルギーとなります。


②太るもの…炭水化物を一度にたくさんとった場合
この場合は,血糖値が急激に上がり,それを下げるために大量のインスリンが分泌されます。
このとき,ブドウ糖は肝臓で中性脂肪となり,体の脂肪細胞に貯蔵されてしまいます。


【低炭水化物ダイエットの考え方とは】


中性脂肪を下げるには,インスリンを必要以上に分泌させないことが重要になります。
これが,インスリンの分泌が少ない,ダイエットに効果的な炭水化物が注目されるにいたった背景です。


【GI値の低い炭水化物のとり方とは】


インスリンの分泌量は,「GI値(グリセミック・インデックス値)」で表します。
炭水化物をとることで血糖値が上昇するスピ-ドを数値化したものがGI値です。(ブドウ糖は100)
GI値が低い食品ほど血糖値の上昇が遅く,インスリンの分泌が抑制されます。


つまり,GI値の低い炭水化物(GI値60以下が目安)をとることがダイエットの基本といえます。
GI値の高い炭水化物をとるときは,量を少なめにゆっくり食べるようにしましょう。
なぜなら,早食いは血糖値の急上昇に繋がり,多量のインスリンを分泌してしまうからです。


例えば,食パンとライ麦パンでは,100グラム当たりの力ロリーは同程度です。
GI値は,食パンが95,ライ麦パンが58です。
つまり,ライ麦パンの方がインスリンの分泌が少なく,太りにくいということになります。


ケーキなどのデザー卜類は,血糖値がまだ低い食前に食べるのがよいでしょう。
また,インスリンは副交感神経が活発な夕方から夜に分泌されるので,夜は軽めの食事が肝要です。



スポンサーサイト
[ 2008/03/01 ] |食事方法 | CM(0) | TB(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yaserutamenoblog.blog62.fc2.com/tb.php/19-7804c03f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

ヤセヤセ

Author:ヤセヤセ
FC2ブログへようこそ!

ヨガ・ピラティス


ヨガ入門3点セット


ヨガラティス入門

サポートグッズ


自宅で岩盤欲セット


高品質バランスボール

マタニティヨガ お助け商品


マタニティーヨガ


マタニティーヨガスーツ


産後リフォーム商品

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。