痩せるブログ

ヨガ・ピラティス・健康体操から、ダイエット食品まで、健康に痩せる為の、情報をわかりやすく紹介します!

100人いれば100人の痩せ方があります!!

【 個人効果別ダイエットランキングはこちら 】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] |スポンサー広告

便秘解消で簡単ダイエット

便秘解消で簡単ダイエット

ダイエットに付き物の便秘、これを解消すだけでも体重が落ちる人も
多いはずこれをきっかけに全て流してみませんか。

食物繊維を食べると便通が良くなり、腸が綺麗になる事は知っている
と思います。しかし、どんな物に植物繊維が含まれているかは
あまり知られていないはずです。

ここでは、代表的な食材を紹介しておきます。
代表的な食物はゴボウ、セロリ、サツマイモ、コンニャク等です。

たくさん食べて腸内美人になりましょう。

手軽に取れる、植物繊維と便秘が辛くなくなる物も紹介しておきます。
スポンサーサイト
[ 2008/05/10 ] |食事方法 | CM(0) | TB(0)

黒酢ダイエットとは?

痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、または普通に食べてもスリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。痩せる体質には大きく分けると2種類あり、食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。

前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)が少ないという理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。後者は同じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいというダイエット効果があらわれやすい体質なのです。




「黒酢ダイエット」とは,黒酢をとることで体がアルカリ体質になり,いつまでも若々しさが維持できるというダイエット法です。


【黒酢に含まれるアミノ酸の働きとは】


昔から酢は体にいいといわれており,最近,中国,九州・沖縄の黒酢が健康食品として人気です。
黒酢が身体にいいのは,発酵・熟成に1~3年かけるためアミノ酸が多く含まれ,このアミノ酸にダイエット効果があるからです。
普通料理に使う酢には,アミノ酸はほとんど含まれていません。


黒酢に含まれるアミノ酸には,脂肪の吸収を抑え,脂肪の燃焼を促す働きがあります。
日々黒酢をとることで,コレステロールや中性脂肪が減少して,血液サラサラになるのです。


また,黒酢に含まれるアミノ酸には若返り効果もあります。
アミノ酸が体内に取り込まれると,ヒト成長ホルモンというホルモンが分泌され,これが古い細胞を新しい細胞に変えていくのです。
ヒト成長ホルモンは年を取るほどに分泌が減少していきますが,黒酢のアミノ酸をとることによっていつまでも若さを維持できるというわけです。


【酢の効用,「クエン酸サイクル」とは】


一般の酢に含まれるクエン酸はわずか0.2%です。
酢の主成分である酢酸とその他の有機酸の多くは,体内に入るとクエン酸に変わります。
クエン酸は,体に弊害のある酸性物質と結合して種々の酸に変わり,酸性物質を分解して,再びクエン酸に戻り同様に酸性物質を分解していきます。
これが「クエン酸サイクル」と呼ばれる酢の効用です。


このサイクルが不調だと,筋肉中に乳酸がたまり,疲労,筋肉痛,肩こりなどの原因となり,さらに体が酸性に変わってしまいます。
そこで,日々酢をとることで体内の酸性物質は減少し,そのうち理想的なアルカリ性になり,そして疲労もなくなってしまうのです。


【黒酢ダイエットの方法とは】


黒酢ダイエットでは,黒酢30ccを1日1~3回飲むだけですが,そのまま飲むのが苦手な人は水で薄めてハチミツレモンにするとよいでしょう。
中華料理では,油に黒酢を加えると油の粒子が細かくなり分解酵素が働きやすくなるため,油は体内に蓄積されずに,すぐにエネルギーとして消費されていきます。




[ 2008/03/01 ] |食事方法 | CM(0) | TB(0)

豆乳・イソフラボンダイエットとは?

痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、または普通に食べてもスリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。痩せる体質には大きく分けると2種類あり、食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。

前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)が少ないという理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。後者は同じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいというダイエット効果があらわれやすい体質なのです。




「豆乳ダイエット」とは,レシチン,サポニンなど健康に役立つ成分たっぷりのダイエット食品である,低カロリー,低脂肪,良質タンパクの豆乳を使ったダイエット法です。


【健康指向ドリンクとして定番となった豆乳の働きとは】


豆乳ダイエットは,毎日豆乳を1杯飲んで,その分ご飯の量を減らすものです。
特に食前に飲むと満腹感があり,食事の量が抑えられて効果的です。


豆乳は豆腐を作る過程の産物で,主成分のタンパク質,脂質などの含有率が牛乳と酷似しているため,昔から体にいいとされてきました。
そして,大豆臭を除いた調製豆乳が発売されてからは,健康指向ドリンクの定番となりました。


豆乳の原料である大豆は「イソブラボン」という成分を含んでいます。
イソブラボンは,体内で女性ホルモンと似た働きをするため,老化防止,美肌効果などがあり,特に更年期障害を軽減するということで注目を浴びています。


また,豆乳には,女性にとって悩みの便秘を解消する働きもあります。
豆乳に含まれる「オリゴ糖」には水分を吸着しやすいという特長があり,腸内細菌がオリゴ糖を食べることによって水分が放出され,便が排出にほどよい水分量になるのです。


【コレステロール・ゼロ,豆乳の効果的なとり方とは】


豆乳が健康にいいという理由に低力ロリーという点があり,牛乳の3分の2で,しかもタンパク質は牛乳より多く,脂質は少なく,コレステロールはゼロ(牛乳は100グラム中12ミリグラム)です。
そのほか悪玉コレステロールを退治するレシチン,体の酸化防止に効果的なサポニン,フィチン酸など,多くの健康に役立つ成分が含まれています。


豆乳は大豆製品の中で最も吸収率がよいといわれ,これをさらに高めるには,乳酸菌の力を借りるためヨーグルトを加えるとよいでしょう。
牛乳の代用として,バナナやイチゴと一緒にミキサーにかけたフルーツ豆乳は朝食に最適です。
また,3時のおやつにコーヒーと混ぜ合わせればコーヒー豆乳にもなります。


料理では,卵に豆乳を入れて焼き上げたオムレツは,ふんわりとした仕上がりになります。
また,冬は豆乳鍋にすると,肉や魚の臭みを和らげる働きで,さっぱりした味わいになります。


豆乳は種々のタイプが市販されているので,自分の好みに合う豆乳を見つけましょう。
選ぶときは,豆乳あるいは調製豆乳と表示してあるものにします。




[ 2008/03/01 ] |食事方法 | CM(1) | TB(1)

炭水化物ダイエットとは?

痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、または普通に食べてもスリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。痩せる体質には大きく分けると2種類あり、食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。

前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)が少ないという理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。後者は同じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいというダイエット効果があらわれやすい体質なのです。




「低炭水化物ダイエット」とは,ダイエットに効果がある炭水化物を,「GI値」によって見分けて摂取するダイエット法です。


【低炭水化物ダイエットの考え方とは】


炭水化物には,太るものと太らないもの(ダイエットに効果があるもの)とがあります。


①太らないもの…適量の炭水化物をとった場合
炭水化物をとると,胃腸で消化する過程でブドウ糖が生成され,これが血中に入って血糖値が上がります。
これに対して,すい臓から分泌されるインスリンが血糖値を下げる働きをします。
ブドウ糖の一部はグリコーゲンとなり,肝臓,筋肉に貯蔵され,体の活動を支えるエネルギーとなります。


②太るもの…炭水化物を一度にたくさんとった場合
この場合は,血糖値が急激に上がり,それを下げるために大量のインスリンが分泌されます。
このとき,ブドウ糖は肝臓で中性脂肪となり,体の脂肪細胞に貯蔵されてしまいます。


【低炭水化物ダイエットの考え方とは】


中性脂肪を下げるには,インスリンを必要以上に分泌させないことが重要になります。
これが,インスリンの分泌が少ない,ダイエットに効果的な炭水化物が注目されるにいたった背景です。


【GI値の低い炭水化物のとり方とは】


インスリンの分泌量は,「GI値(グリセミック・インデックス値)」で表します。
炭水化物をとることで血糖値が上昇するスピ-ドを数値化したものがGI値です。(ブドウ糖は100)
GI値が低い食品ほど血糖値の上昇が遅く,インスリンの分泌が抑制されます。


つまり,GI値の低い炭水化物(GI値60以下が目安)をとることがダイエットの基本といえます。
GI値の高い炭水化物をとるときは,量を少なめにゆっくり食べるようにしましょう。
なぜなら,早食いは血糖値の急上昇に繋がり,多量のインスリンを分泌してしまうからです。


例えば,食パンとライ麦パンでは,100グラム当たりの力ロリーは同程度です。
GI値は,食パンが95,ライ麦パンが58です。
つまり,ライ麦パンの方がインスリンの分泌が少なく,太りにくいということになります。


ケーキなどのデザー卜類は,血糖値がまだ低い食前に食べるのがよいでしょう。
また,インスリンは副交感神経が活発な夕方から夜に分泌されるので,夜は軽めの食事が肝要です。



[ 2008/03/01 ] |食事方法 | CM(0) | TB(0)
プロフィール

ヤセヤセ

Author:ヤセヤセ
FC2ブログへようこそ!

ヨガ・ピラティス


ヨガ入門3点セット


ヨガラティス入門

サポートグッズ


自宅で岩盤欲セット


高品質バランスボール

マタニティヨガ お助け商品


マタニティーヨガ


マタニティーヨガスーツ


産後リフォーム商品

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。